TOP » 千葉市の家族葬まる分かり安心ガイド » 家族葬 or 一般葬?
内容と特徴を知って後悔しない葬儀を

家族葬 or 一般葬?
内容と特徴を知って後悔しない葬儀を

家族葬と一般葬の違いとは

ここでは、混同されがちな家族葬と一般葬の違いについてまとめてみました。

それぞれの葬儀のメリットや注意点などの特徴を知ったうえで、最期にふさわしい送り方として最適なものを選ぶようにしてください。

家族葬の特徴

家族葬のメリット

  • ゆっくりと最期のお別れをすることができる
  • 親族だけなので参列者の対応をしなくていい
  • 葬儀の準備が少なく、形式にとらわれず自由度が高い
  • 最初から参加人数が明らかになっているので安心

家族葬の注意すべき点

  • 香典で葬儀費用を補填することができない
  • 後日自宅に弔問に訪れる人や香典を送って来る人に個別対応しなくてはいけない
  • 交友関係が広い場合は後日トラブルになる可能性もある

一般葬の特徴

一般葬のメリット

  • 1度に挨拶をおこなうことができるので、後日弔問する人が訪れることが少ない
  • 香典によって葬儀費用の軽減が見込める
  • 香典返しなども全て葬儀社が手配してくれる

一般葬の注意すべき点

  • 参列者の対応に追われて、きちんとお別れの時間を過ごすことができない
  • 葬儀準備や各種手配など色々なことを決めるため、時間がかかる
  • 精神的・体力的な面での負担が大きい

さまざまな葬儀形式

直葬

僧侶もお経もなく、宗教的な儀式はおこなわない最もシンプルな葬儀スタイルです。お通夜や告別式をおこなわず、火葬場にて親族だけが集まってお骨にしてもらいます。

平均費用 参列者の目安
20万円 5名~

火葬式

直葬同様、火葬の儀式だけをおこなうため、少人数からでも対応してもらえます。自宅や安置所から直ぐに火葬場にいき、お経を唱えてもらうだけなので、葬儀費用も安価です。

平均費用 参列者の目安
32.7万円 5名~

1日葬

お通夜をおこなわずに葬儀と告別式を1日でおこなうため、スケジュール調整がしやすく、遺族や参列者の負担も軽減させることができます。

平均費用 参列者の目安
50万円 10名~

家族葬

近年人気となっている葬儀スタイルで、家族を中心に故人と親しい人だけで最期の別れをおこないます。アットホームで自由度も高いことから、さまざまな要望を取り入れてもらえます。

平均費用 参列者の目安
109.9万円 20名~

一般葬

昔から一般的となっている葬儀スタイルでお通夜と告別式を2日に分けておこないます。生前の交友関係の広さで参列者が多くなりそうな方はこちらのタイプになります。

平均費用 参列者の目安
187.3万円 30名~

自宅葬

住み慣れた生活環境の中で最期の別れをおこなうため、人目を気にすることなく家族もゆっくりとした気持ちで過ごすことができます。

平均費用 参列者の目安
40万円 1名~

自然葬

樹木葬や海洋葬、宇宙葬といったものがあり、亡くなった人を自然に帰すということで、散骨をおこないます。他にも、色々な自然葬プランがあります。

平均費用 参列者の目安
15万円 1名~

生前葬

本人が健康なうちに主催して感謝の気持ちをお伝えする儀式で、近年新たな葬儀のカタチとして注目されています。

平均費用 参列者の目安
60万円 10名~

無駄な費用を抑えた納得の家族葬をお考えなら、明確な見積書を提示してくれた厳選3社をぜひ検討してみてください。

見積もり公開千葉市斎場で20人の家族葬をおこなう場合は?

区民葬祭

¥546,450-

ライフケア

¥564,840-

グランドセレモニー

¥566,910-

  • 葬儀費用、接待費用、千葉市内に住民登録している方の火葬費用の合計。
  • お見積りは各社のもっともシンプルな葬儀プランをもとにした参考価格です。
家族葬で厳選比較

千葉市のおすすめ葬儀社3選で見積もり比較した結果を公開

千葉市で家族葬を検討している人のために、おすすめの葬儀社を徹底調査。需要の多い20人の家族葬を想定したプランで実際に見積もりを出してもらいました。

気になる見積もり結果は?